blue-tree-4’s blog

最近はバス釣り日記として使用しています。主に新利根川・破竹川・手賀沼水系に行っています。

【3年目のタックル・アブガルシア】

前回からの続きです…

 

しばらくロキサーニを気に入って使っていましたがREVOと言う機種を知り、一気に使って見たいと思う様になりました。

 

f:id:blue-tree-4:20200126111630j:imagef:id:blue-tree-4:20200126111944j:image

f:id:blue-tree-4:20200126111705j:imagef:id:blue-tree-4:20200126111739j:image

そして選んだのがREVO SLC-IB7

 

価格はロキサーニと5・6 千円の差でしたが使った感じは価格差以上に感じます。

カッコ良くて軽くて巻きもスムーズ♪

大体7g以下はロキサーニBF8、それ以上はSLC-IB7と使い分けていました。

 

そしてそのうち、ロキサーニBF8もREVOの機種を欲しくなりましたが該当するのREVO LTX-BF8・ALC-BF7があるも両機同じで極端に糸巻き量が少ない仕様となっていました。

 

f:id:blue-tree-4:20200126205424j:image

そこで上の表とは別にREVOの機種でLT7と言うライトリグにも対応し、なおかつラインキャパもあるリールを知りました。

 

そして購入
f:id:blue-tree-4:20200126203022j:imagef:id:blue-tree-4:20200126203040j:image
今までは新品で購入していたリールですが、このLT7は未使用品を購入。

小遣いが限られた自分にはこういう買い方もありだなと思いました(リスクはありますが)

 

これが実に快適で去年は8割近く使っていたと思います。

ルアーの重さ5g以下はまず投げません。

組んでいるロッド・ホーネットスティンガープラス661MSとの相性も良かったと思います。

 

実は今回の冬に新たにロッド・リールを購入したのもあります。

自分は陸っぱりメインで基本一本持ち、時に二本までしか持ち歩かないですが徐々に増えてきました^^;

これから実際に使って見て機会があればまた書き込もうと思います^^

 

 

最後にアブのリールを何台か使ってみて少し気になった事がありました。

そんな所を書きます。

 

新品購入したリールの中、二台ほどあった事です。

①サイドカップが少し動く

これは内側のネジ、3ヶ所をほんの少しずつ締めては閉じて、様子見ながらガタがなくなるまで締める事で直りました(いきなり強くネジを締めると中のプラスチックが破損した記事も見た事あるので要注意です)

 

②リールハンドル側の下のフタがカタつく。

 

メンテ用の窓ですかね?

この小さいフタが微妙にカタつきます。

解決方法はフタの反対側のネジを締めるだけで解決しました。

ちなみにロッドに付けた状態だとネジは締められませんので一旦ロッドから外して下さい。

 

上に書いた症状はいずれもパーミング時に気付きました。

微妙にカタカタとして最初は何だ?と思ったのです。

簡単に解決するとは言え、アブさんその辺しっかりとチェックして下さい。

よろしくお願いしますm(_ _)m