blue-tree-4’s blog

最近はバス釣り日記として使用しています。主に新利根川・破竹川・手賀沼水系に行っています。

最近のホームシアター(2019 ・3月)

この冬は(もう春ですが)ホームシアター熱が再発して映画を見ていました。

 

今すぐには買えませんが次のプロジェクターを想像して色々とネットで見ていました。

 

取りあえず今と変化が欲しくて安値なスクリーンを購入したのです。


f:id:blue-tree-4:20190310135226j:image
テレビは46インチ、スクリーンは100インチです。

80インチからの買い替えですがかなり大きくなったと思いました。

 

購入したのはロールカーテンみたく引っ張って離すと止まるタイプで凄く楽になりました。

ちなみに前のは観終わったら手でスクリーンを丸めてゴムで止めていたのです。

 

ただ、実際に映像を映し出すと以前よりかなり違うと思いました。

プロジェクターの設定で何とか改善しましたが画面が大きくなったせいで映像にパワーが足りないと言うか、色合いが薄く感じたのです。

解像感の低下は想定内な感じです。

 

 

前から言っています(汗)次はフルHDのプロジェクターが欲しいです。

 

では実際どれ位違うのでしょうか?

 

そこで買うのはまだまだ先なのに見てみたい衝動を抑えられなくなったのです!(笑)

 

エプソンからレンタルしてしまいました(笑)

 

コンパクトですね。
f:id:blue-tree-4:20190310141012j:image

左がレンタルしたエプソンEH-TW5650で右側が使っているパナソニックの古いプロジェクターです。

 

知りたかったのは設置性と映像です。

 

設置性は自分のは昔の物ですが(12年以上前)

上下左右と若干ですがレンズシフトが付いていてソファの横に置いての設置に非常に助かったのです。

 

今回レンタルしたエプソンは上下しかレンズシフトが付いていなくて、画質が落ちると言われる横ナナメから設置での台形補正を試して見たかったのです。

 

ちなみにエプソンでの上下左右のレンズシフト搭載機は1つ上のTW-6700がありますが値段が6万以上上がるのです。

勿論画質も上がるでしょうが借りたのはTW-5650のほうです。

 

さて実際の設置性は?

これは問題なしと判断です。

画質の低下は自分には感じ取れませんでした(年のせい?笑)

どうせならと色々試して見ようと極端な斜めの設置も試したところ、映し出す映像が補正された光の残像?がもれて結構気になると思いました。

 

そして次は画質の差です。

 

これはかなり違うとビックリしました。

前に見た映画が違う物?と思える程です。

言葉で伝えるのは難しいですが銃などの機械の光り方が実にリアルに映し出されるのです。

カタログスペック比較ですとコントラストがパナソニックAX100が6千、借りたエプソンTW-5650が6万でその差10倍ですよ。

(ちなみに家のプラズマテレビは調べたところコントラストは500万との事)なんかドラゴンボールの戦闘力みたいですね^^;

 

 

解像度が上がった事による映像のボケ感もシャープになりました。


f:id:blue-tree-4:20190310164556j:image

以前に地上波で録画したものでもキレイに感じました。

 

今後は少しずつ小遣い貯めて行こうと思いました。

その頃には4kや8kも買えるかもと思いましたが今のところ、ブルーレイソフトをストレートに映し出すフルHDプロジェクターをと思っています。

 

今後の目標はまずフルHDプロジェクターの購入。

そして1つの部屋の6畳をシアタールームにする事が目標ですかね。

 

ちなみに今日は子供達を映画館に連れていきました。

自分は見ませんでしたが子供達は大満足だった様です^^

映画はドラえもんです。

 

自分がすかさず質問です。

家で見る映画とやっぱり違う?

「やっぱり違うよ、大きさと音が!」と言っていました。

 

やっぱり映画館は特別なところですね

少しでも近づけたらと思いました(^^)