blue-tree-4’s blog

最近はバス釣り日記として使用しています。主に新利根川・破竹川・手賀沼水系に行っています。

バス釣りへGO!(18)

今日から9月ですね。

天気はくもりで蒸し暑さはありますが大分過ごし易くなりました。

 

本日も川巡り?新利根から破竹へ、そして帰りに手賀沼に繋がる川に行って来ました。

 

まず新利根ですが水位が先週より少し多いと思いました

水は濁っていて触ると温かったです。

 


f:id:blue-tree-4:20180901200034j:image

f:id:blue-tree-4:20180901200121j:image

f:id:blue-tree-4:20180901200307j:image

f:id:blue-tree-4:20180901200824j:image

f:id:blue-tree-4:20180901200849j:image

27〜32㎝位のが三匹と43㎝が一匹でした。

 

実はこの43㎝のバスは枯れたアシが複数浮いている所にワームを落とし込んで食ったんですが、どう巻いても枯れた枝のようなアシが邪魔をしてバスが出てきません。

 

そこで息子にラインを緩めないようロッドを渡しました。自分は両手を使い無事にランディングに成功したのです。

きっと一人では捕れなかったと思います。

二人してガッツポーズしました^^

 

この後は破竹川に行ったのですが減水が激しく(50㎝くらい?)数投してやめました。

 

そして帰り道にいつもの手賀沼水系?の川に行って2匹を釣りました。

先週と同じく水位は凄く減水しています。

 


f:id:blue-tree-4:20180901205822j:image

f:id:blue-tree-4:20180901205921j:image

33㎝と28㎝でした。

 

33㎝のバスは見えバスでそっと近付き、ノーシンカーワームを着水音を静かに斜め前に投げたら食って来ました。

 

自分の中で見えバスは食わない・釣れないと昔に亀山ダムで思ったので最近見えバスを釣って少し自信が出てきました^^

クリアな亀山ダムとマッディな手賀沼とは違うとは思いますが(汗)

 

そしてもう一匹は釣れていない息子に隣でワームの投げ方を再度教えている時に釣れました

サミングしてクラッチは戻すけど、そのままラインは巻かずに底に着くまで」…「ん?来たぁ!」的な感じです^^;

 

自分はワームを主に投げますが、息子は自分の昔のルアーのシャロークランクやフロッグ、自分で買った青木虫と色々なルアーを自分で決めてタイトにアシ際に投げています。

 

 

午後3時くらいでしょうか?雨が降りだし「チャンスだ、きっと釣れるぞ!」と言った矢先に雷が…これは教えました。

雨は良いけど雷は使っているロッドに落ちるから絶対に釣りは止める事と。

 

 

ここで本日はやめました。

 

9月に入りまだまだ暑いけど釣れるサイズが前より良くなっていると実感しました。

 

今後に期待!と思いました^^

 

 

気温30℃

くもり

風 午後から少し吹く。

 

新利根 四ひき

破竹 ゼロ

手賀沼水系の川 二匹

 

計六匹。